大人ニキビ ホルモン 乾燥肌

MENU

大人ニキビとホルモンバランス

大人ニキビの大きな原因は、「ホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌」と、「お肌の部分乾燥」と考えられてきています。

 

そのうちのいろいろな要因でホルモンバランスが乱れることがなんでお肌に影響するかというと・・・

 

ホルモンの働きとして、まず男性ホルモンがたくさん分泌されると、肌上に分泌される皮脂の量が増えます。

 

皮脂が増えることで、雑菌やアクネ菌が増殖しやすくなり、また皮脂で毛穴が詰まり安くなります。その結果、新陳代謝(ターンオーバー)が乱れて肌トラブルを起こすことになります。

 

特に女性なら、生理中や妊娠中などに女性ホルモンの分泌が不安定になり、一方で男性ホルモンの分泌が増えてしまい、肌荒れや大人ニキビになってしまいます。

 

男性の場合でも、ストレスや生活習慣や激しい運動などで、いつもより男性ホルモンの分泌量が増えてくると同じように肌荒れやニキビを起こす原因となります。

 

ホルモンのバランスの崩れが原因のニキビ
・思春期ニキビの場合
おでこにできることが多い。
・大人ニキビの場合
背中、あご、首、フェイスラインにできることが多い。

ホルモンのバランスの崩れの改善

■ 食生活の改善
豆類などに含まれる「イソフラボン」は、女性ホルモンの分泌を促し、男性ホルモンを抑制する働きをします。大豆からできている納豆や豆腐などを食事にとりいれてみてください。

 

■ 生活習慣の改善
・ストレス
外的・内的ないろいろなストレスが男性ホルモンの分泌を増やしますから、できるだけストレスのない生活につとめてください。
・早寝早起き
男性ホルモンの分泌は深夜に増えるので、夜更かしして深夜に起きていて男性ホルモンが増えることのないように、早寝早起きを心がけることもおすすめです。

大人ニキビの化粧水ブランドの情報をご紹介!

スポンサードリンク