大人ニキビ ホルモン 乾燥

MENU

大人ニキビのできる部位

一般的に、顔にできるニキビは年齢が上がるにつれて、ニキビのできる部位が上から下へと移っていきます。10代ではおでこにできていたニキビが、20代・30代になったら口の周りや顎にできてしまったらできる部位としても「大人ニキビ」にあてはまるということになります。

 

おおまかには、10代の頃のニキビは、皮脂の過剰分泌で起こる「思春期ニキビ」でTゾーンにできやすいです。一方、20代頃から増え始めるストレスなどが原因で起きる「大人ニキビ」はUゾーンにできやすいといわれています

 

大人ニキビとそのできる場所とは関係があって、原因にもそれぞれ特徴があります。
それを知った上で大人ニキビの対策をとることは効果的に治すために大切です。

 

ちなみに、大人ニキビが「決まっていつもここにできる」と思っている方もいらっしゃると思いますが、それは個人的なくせや生活習慣が影響している可能性もあるんです。

 

大人ニキビができる原因は部位ごとに少しづつ違っていて、「髪の毛があたっていたり」、「シャンプーの洗い残しがあったり」と、それほどでもないということが想像以上に影響を与えている場合もあります。それほどお肌は繊細なんです。

 

それらのことにちょっと気をつけることで、大人ニキビができる頻度をぐっと減らせたり、治るのを早める可能性があります。

 

大人ニキビのできる部位:
■ 口のまわり
■ 顎(あご)
■ 頬(ほほ)
■ 額(おでこ)


大人ニキビの化粧水ブランドの情報をご紹介!

スポンサードリンク